治療内容について
手技・鍼・きゅうなどや母体に影響のない機器を使ったものが主な内容になります。
うつ伏せでの施術はいたしません。その他にも、不安のある体位、動き、手技などは避け、安心して施術を受けていただけるよう配慮いたします。

治療対象時期
基本的には、安定期に入る5ヶ月頃からを対象とさせていただいております。

様々な原因に対応
さまざまなネット情報で、妊娠中の腰痛をご存知の方もいらっしゃると思いますが、原因は様々です。
基本的に、腰・背面の筋緊張を和らげることが痛みの改善になります。
お身体の状態を確認し、硬さのあるところ、症状の出ているところを把握し、治療を進めていきます。