肩、肘の現状をチェックして、それに応じた早期回復ための治療法と必要に応じて、ハイスピードカメラを使って投球フォームのチェックをおこないます。
負担の少ない投球フォームを習得することで復帰後の予防にもつながります。
骨端線離開(リトルリーガーズショルダー)、剥離骨折、離断性骨軟骨炎(関節ねずみ)と診断を受けて一度あきらめかけていた症状を改善した選手たちからも、喜びの声をたくさん頂いてきました。
そのほかにも、鍼治療やモビリゼーションテクニック、ストレッチなどで硬さを取り、パフォーマンスを高めます。

まずはご来院ください。