最近なんだか疲れやすい、疲労感・倦怠感がとれない・・・
当院では、病院での検査等で基礎疾患がみられない場合と、病気で疲労感・倦怠感を自覚して、病院で治療を受けながら補完的に鍼灸治療を受けに来院される患者様は少なくありません。

東洋医学の考えでは、人が本来持っているエネルギー(気、血など)の不足や流れが悪い状態のときに疲労感・倦怠感の症状が現れるとされており、

疲労感・倦怠感の他にこのような症状が出ることがあります・・・
・エネルギー不足の場合
 食欲不振、やる気の低下、足腰のだるさ、集中力の低下
・エネルギー停滞の場合
 イライラしやすい、肩こり、眼精疲労

当院では身体の内側に働きかけエネルギーを補ったり、流れを良くすることを目的に、鍼灸治療やディープティシューマッサージ(深部にアプローチするテクニック)、関節を細かく動かすモビリゼーションなどを使った手技療法を行い、心と体をほぐしてます。